一般事業主行動計画及び女性活躍推進法に基づく行動計画(平成30年4月〜平成33年3月) 

 

 社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行う

ため、次のような行動計画を策定する。

 

 

目標    男性の平均勤続年数に対する女性の平均勤続年数をほぼ同数にする

 

1 計画期間:平成30年4月1日から 平成33年3月31日までの3年間

 

2 内  容:

     

*計画作成時の男性の平均勤続年数5年11ヶ月、女性4年10ヶ月

    【目標を達成するための方策と実施時期】

     平成30年4月〜  総務課内に相談窓口を設置、実施に向けての検討開始及び離職原因の調査

     平成31年4月〜  子育て世代には育児休業、介護休暇、子の看護休暇について説明パンフレットを配布

     平成31年9月〜  退職を考えている職員に対し、相談窓口での事前聞き取りを開始、対策を病院側に報告 →実績データ作成

     平成32年4月〜  職種ごとに残業時間の短縮を図る(作成時点では各職種月平均マイナス5時間を目標とする)

 

 

目標    男性の育児休暇取得1名以上、女性の取得95%を目指す


 

1 計画期間:平成30年4月1日から 平成33年3月31日までの3年間

 

2 内  容:

     

*過去2年間、男性の育児休業取得はゼロ、女性は平均85%、これをアップさせる

    【目標を達成するための方策と実施時期】

     平成30年4月〜  聞き取り調査によりニーズを把握、同時に院内保育所の学童保育受入数を増員する準備にかかる

     平成31年4月〜  院内保育所の案内を男性職員にも配布、保育可能であることをアピールする

     平成32年4月〜  職員に対する所定外労働時間短縮についての目標を定め、法人内で周知徹底を図る →実績データ作成

 

                         社会医療法人 純幸会